×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

セガトイズ・家庭用プラネタリウム「HOMESTAR(ホームスター)」の予約・販売ガイド

大平貴之氏

セガトイズ・「ホームスター」は、世界で最も先進的なプラネタリウムであるとギネスの認定を受けた『メガスターII-Cosmos』を作った大平貴之氏との共同開発で開発されました。

大平貴之氏・略歴

子どもの頃から、太陽は誰のものか?などと妙な質問ばかり大人に浴びせて両親を困らせる。

小学生の頃に作った夜光塗料の星空をきっかけに、数々のプラネタリウム自作に取り組み、大学時代に、個人開発では前例のないレンズ投影式プラネタリウム「アストロライナー」を完成。投影機の改良の傍ら各地で計11回の移動公演を行う。

98年には恒星数100万個の4号機「メガスター」をIPS(国際プラネタリウム協会)ロンドン大会で発表、2000年にメガスターの一般公開を青山スパイラルで実施。石川県根上町、米国ユージンなどでの移動公演を実施。

2003年5月、勤めていた電機メーカーを退社、フリーとなる。東急文化会館8F(旧五島プラネタリウム)で、投影星数410万、光出力20倍に大幅パワーアップした最新作メガスターIIを初公開した。

幼少より学生時代まで取り組んだロケット開発もいつか必ず再開させようと画策中につき、果敢に宇宙に挑む宇宙飛行士を募集中(応募受付は終了しました)。

著書に「プラネタリウムを作りました(エクスナレッジ)」がある。(大平貴之氏HPより転載)

著書・関連書籍

 
プラネタリウムを作りました。
プラネタリウムを作りました。

題名:「プラネタリウムを作りました。」7畳間で生まれた410万の星

著者:大平 貴之

定価:1800円


夜光塗料の星空から、最新のメガスターIIに至るまで、大平氏の20余年にわたるプラネタリウム人生がまとめられています。

切り抜いて手軽に作れ、部屋で星空を楽しめる、卓上プラネタリウムペーパークラフト、日本全国にあるプラネタリウムの一覧も付属。

大人の科学マガジン(vol.09)
大人の科学マガジン(vol.09)

題名:大人の科学マガジン(vol.09)

出版社:学習研究社

本体価格 2,095円

 

『大人の科学マガジン』第9弾のふろくは、「ピンホール式プラネタリウム」。

大人の科学編集部は、世界で最も先進的なプラネタリウム・メガスターを開発したプラネタリウムクリエイター大平貴之氏と3年ほど前より、新しいプラネタリウムの企画検討を進めてきた。それが、今回JAXA(宇宙航空研究開発機構)「宇宙オープンラボ」のバックアップの元、かつてない星空を映し出すピンホール式プラネタリウムが完成した。(本誌説明より)